2018年04月13日 17:38  カテゴリ:池野養鶏場

無料de宿泊・初日編 滋賀からお越しのファミリー+犬ちゃん



先日、ブログで告知しました【無料de宿泊】に滋賀からファミリーがお越し下さいました。

始めての小原で、プランも一任して下さったので、【ニワトリさん】【春のいなか】を体験出来るプランを考えました。


圭くん【タンポポアクセサリー】でお出迎え♪



到着が昼だったので、さっそく【ピザ作り】
体験して頂きました。



左上の【ほぼチーズピザ】は圭くん作。
キレイに焼けました♪


昼食をゆったりと満喫した後は、
【旭のしだれモモ】を鑑賞頂きました。




その後【笹戸温泉・湯豊屋】にて
【温泉】をご案内。

夜の食事は、我が家の定番
【とりしゃぶ・とりつくね】
を味わって頂きました。


・・・【翌日編】に続く。

  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年03月26日 14:52  カテゴリ:池野養鶏場

黄身が濃くなる粉の正体は・・・? たまご兄弟が教える意外と知らないたまごの事ー2






こんにちは、たまご兄弟です

今日は【L太郎】が説明します。


Q,黄身が【濃い色】だと美味しいたまごと思っている人はいませんか?


A,【黄身】の色と味は関係ありません。


上の赤い粉・・・実は、【パプリカの粉末】で
黄身の色を濃くするために使用します。
量が多いと黄身が【オレンジ・赤色】になっていきます。


アメリカ・日本は【とうもろこし】がメイン。黄色だから、黄身が【黄色】になります。


ヨーロッパは【小麦】がメイン。小麦は【白色】だから、黄身が【白っぽく】なります。


お米をメインにして、とうもろこし使用しなければ、黄身の色は【白い】です。

実際に【ホワイトエッグ】【ピュアエッグ】という名称で販売している所もあります。


たまごの美味しさを決めるのは【エサ】
その中身が重要なんです。


あなたが、買っているたまご。
1度、調べてみてはいかがですか?

【企業秘密だから、無理です。】なんて言う
たまご屋なら、僕は、オススメしません。


最後は、【僕たち】が食べるのですから。


  


Posted by 池野 │コメント(2)

2018年03月23日 19:50  カテゴリ:池野養鶏場

たまご兄弟が教える【意外と知らない】玉子のことー1



初めまして【たまご兄弟】です。





【身長・体重】の違いがわかるかと思います。




1番右の長男から5男まで勢揃い。

名前は右から
【LL太郎】【L次郎】【M三郎】
【MS四郎】【S五郎】

他に【3L兄さん】や【SS赤ちゃん】もいつかご紹介したいと思います。


※恥ずかしがり屋の【ニワトリ母ちゃん】が
補足をしていきます。



意外と知らない【玉子】の事を知って欲しく、色々な事を、発信していこうと思っています。
宜しくお願いします。


記念すべき【第1回目】は
【L次郎】【M三郎】から


僕たちは良くケンカします⬇⬇
【スーパー】で人気があるのはどっちだって。


だから、ぶつかりあって割れてしまいました⬇⬇



【ニワトリ母ちゃんからの説明】

【黄身】の大きさが
あまり変わらないのがわかりますか?

違いは【白身】の量。

容器回りをよく見ると【L次郎】の方が多いのが良くわかると思います。


どっちが【良い】ではなく【何に使うか】で
決めて欲しいです。


御菓子作り、例えば【シフォンケーキ】を作る時は【L次郎】がオススメ。


【玉子料理】なら【M三郎】がオススメ。


ちなみに・・・
【卵】と【玉子】の違いは、

・生物が子孫を残す為に産むのが【卵】

・料理に使用する時は【玉子】

と表現しています。



明日の卵の準備があるので

【おやすみなさい】  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年03月22日 19:48  カテゴリ:池野養鶏場

とろっとろの親子丼を【春休み】に味わってみませんか?


写真は完成イメージです。


【産みたて卵で親子丼】味わってみませんか♪

【鶏肉】もうちのニワトリさんです。


豚汁とはまた違う美味しさがある
【鶏汁】も堪能して欲しいです。


【体験・見学】をいつでも歓迎しています。

気軽に問合せ下さい


※食事は参加される方と一緒に作ります。

  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年02月23日 18:05  カテゴリ:池野養鶏場

鳥しゃぶ と 鳥つくね 鳥の旨味が出たスープで【〆】も楽しめます。



・・・続編です。
【鳥しゃぶ】【鳥つくね】を味わいました。



昆布で出汁を取ったスープが、【野菜の旨味】【ニワトリさんの旨味・脂】が出て、
【黄金色】になります。

ちなみに、具を残さずに食べきる事ってなかなか無いのはうちだけでしょうか

わが家では、鍋のシメは【うどん】
※ラーメンの時もあります。



残った鳥つくねは崩して【そぼろ】にしてしまいます。

【出汁しょうゆ】を入れて、味を整えます。


【うどん】を堪能した後は【雑炊】です。

余った野菜を細かくして、先に煮ます。


・子供が野菜を気にせず食べてくれます。
・食感や味の変化で飽きずに食べれます。
・残さずに食べ切れます。

理由はともかく【雑炊】
簡単で美味しいですよね。



これでも美味しいですが、更にちょい足し。





チーズをのせて【リゾット風】

圭くんが喜んで食べてくれます  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年02月23日 07:11  カテゴリ:池野養鶏場

鳥しゃぶ と 鳥つくね たまご屋だから味わえる幸せ。



きれいな【ピンク色】しています。
むね肉を薄くカットして完成です。

解体したてのフレッシュだから出来ます、が、そうでない鶏肉でのしゃぶしゃぶはおすすめしていません。




鍋のメインに
【鳥つくね】【小原産豆腐】

野菜は
白菜、豆もやし、チンゲン菜、しめじ


沸騰したら【鳥しゃぶ】も食べれます。




圭くんは【鳥つくね】が大好きです。
野菜と一緒に食べてくれました。


鍋のもうひとつの楽しみ【〆】

次回、載せたいと思います。  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年02月14日 15:14  カテゴリ:池野養鶏場

機械男子再び‼ いなかには珍しい機械があります。



この農機具は【散布機】です。
田んぼや畑に【肥料やケイフン】を
撒くための機械です。


田んぼが元気になるように♪


・・・ん?

まさみちさん(親父)の他に、
よ~く見ると小さい人が乗ってます。



圭くんが一緒に乗っていました



圭くんに操作するフリをして貰いました。
やらせの指示に答えれる様になりました



仕事の打ち合わせをしている様に見えるのは
【親バカ】だからでしょうか?  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年02月13日 16:48  カテゴリ:池野養鶏場

バトル勃発‼ オスはメスを守る為に頑張ります。



平飼のニワトリさんは、大部屋でのんびり過ごしています。

20~30羽のメスに対して【1羽】のオスが入ってます。
白い羽根がオスです。
メスよりも体格が大きいのがわかります。



通常はこんな感じですが、メスを守るために



こうなります。

ネコが威嚇する時、体を大きく見せようと同じ事をしますよね。
ネコには【爪】という武器があるように、オスにもあります。



すねの部分に【キバ】みたいなのがついてるのがわかるかと思います。

実際、オスの攻撃は【ドロップキック】
爪とキバを使い、オス同士でもケンカします。


圭くんも過去、2回泣いています

時々、僕にも挑戦してくるオスがいます、が、
【返り討ち】にしています  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年02月10日 07:30  カテゴリ:池野養鶏場

山登り!? 親子3代で山の境界線の確認に過酷な山登り



お祖父さんが、終戦直後に自分の山に【杉】を植林しました。

今回は、自分の山がどこからどこまでかを、教えてもらい、目印をつけるために【親子3代】で山の中を歩き回りました。

ちなみに祖父は【93歳】になります。





手入れしてある木は、枝切りしています。
比べると良くわかるかと思います。

枝切りすると、節が無くなり良い木材になるそうです。




これが、目印になります。



一応、道があるのがわかりますか?
これで、道なんです。

この下は、かなりの斜面です

【93歳のお爺さん】が歩いてるのに、身内ながら驚きます。  


Posted by 池野 │コメント(0)

2018年02月08日 16:49  カテゴリ:池野養鶏場

小2の見学 地元の小学生がニワトリさんに会いに来てくれました。



先日、僕が通っていた小学校から、
小2の子たちが見学に来てくれました。

1人休みで【5人】
僕の頃は【11人】・・・減りましたね。




目的は、タマゴの事を勉強です、が・・・

まずは、ニワトリさんと触れあいです。



ニワトリさんを持つのが【へっちゃら】な子に持って貰いました。
ニワトリさんの【重み】【温かさ】
を実感する為です。


ニワトリさんに【草やり】もして貰いました。
生の草に大喜び【フレッシュなサラダ】
いつものエサを後回しにして、食べにきます。


触れあった後は
【エサの中身】【たまごの不思議】
を話しました。
この後は、皆からの【質問・疑問】に答えて、見学終了です。

後日に【感想文】が届くのが楽しみです♪  


Posted by 池野 │コメント(0)